ビキニラインの美白をしたい!おススメはずばりこれ。

水着を試着したらビキニラインに黒ずみを発見…とっても落ち込みますよね。
いくらダイエットしても、メイクにお金をかけても
ビキニラインの黒ずみがあるっていうだけでテンションが下がりませんか?
しかも場所が場所ですから、友達に気軽に相談っていうわけにも行きませんよね。

ここでは、そんな悩みを抱えているみなさんの手助けとなるような情報を
まとめてみたいと思います。
まずは、ビキニラインの美白をする時にチェックしておきたいこと、そして
最後にはおすすめの商品もご紹介しますよ。

○ビキニラインの美白をする時にチェックすること!

その1:ビキニライン、デリケートゾーン用の製品かどうか

薬局などに行けば美白対策の製品って本当にたくさんありますよね。
でも、使うのは粘膜にも近いとっても敏感な部分。
刺激が少しでも少ないもの、無添加のもの、アルコールなどが入っていないものなどが
いいですよね。さらに言うならば日本国内生産だと安心度も上がります。

その2:続けやすいかどうか

ビキニラインだけじゃなく、美白全般に言えることですが
美白したいなら長期的な取り組みが必須です。
これはお肌のターンオーバーとの関連があるからです。
簡単に言うと、お肌は1か月に1回程度しか生まれ変わりません。
それを繰り替えして、だんだんと黒ずみが薄くなるのが理想のかたちなのです。

ですから、数日や数週間といった単位ではなく数か月の取り組みが必要になります。
これは一般的なレーザー治療でも大体の場合は同じで、間をあけて
複数回通うことになります。

ここで大切になるのは「お金」ですよね。それくらい継続しても大丈夫かどうか、
また、クリニック等に通うのであれば、通いやすいかどうかも大切ですね。
そういう点からいうと、通販で手に入る製品ってとっても楽ですね。
さらに送料無料のオプションがあると更にGOOD!

その3:使われている成分は何か

これは自分で製品を購入して対策をする場合ですが、美白成分や保湿成分を
しっかりチェックしなければいけませんね。
また、成分の強さも気になります。強い成分だと効果がすぐあらわれそうですが
敏感な部分ですから、お肌へのダメージとなりかねません。
実際、皮膚科でもデリケートゾーンの治療の場合は、弱めの成分のものが
処方されることが多いようです。

美白成分としてよく知られているのは、ビタミンC、トラキネサム酸、
そしてハイドロキノンが代表的だと思いますが、
成分の強さ順で並べると
(強)ハイドロキノン → トラキネサム酸 → ビタミンC(弱)
と言われています。

そして、強すぎることがおおいハイドロキノン、ちょっとものたりない
ビタミンCを避け、トラキネサム酸が今とっても注目されているんです。
その証拠に、HAKUやトランシーノにも配合されているんですよ。

また、上でターンオーバーについてちょっと触れましたが
そのターンオーバーをきちんと行わせるために欠かせないのが保湿です。
どんな保湿成分が含まれているかもしっかりチェックしましょう!

○ビキニラインの美白でおススメの製品はこれ!

ビキニラインに使えて(できれば専用の製品)、安くて手に入れやすくて
さらに美白&保湿成分も優秀、そんな製品が理想だということが分かりました。
が、実際にあるんでしょうか?

実はあるんです!

でも、薬局などにはありません。通販限定の商品で「イビサクリーム」といいます。
詳しくはぜひ公式サイトでチェックしてもらいたいのですが
トラキネサム酸配合のデリケートゾーンの黒ずみ対策の製品です。
保湿成分は全部で8つ、定価から30%オフ&送料無料のコースもありますよ。

公式サイトには、商品に関する詳しい情報のほか
黒ずみのできる原因なども図を使って分かりやすく解説してありますから
とってもためになるサイトです。

ぜひ一度チェックしてみてください!
⇒ビキニラインの黒ずみならこれ!詳細はこちらからどうぞ。
イビサクリームのビキニ、美白に関する記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ