デリケートゾーンならワリセン?乾燥肌には効かない!

デリケートゾーンの乾燥対策によく聞くのがワリセンを使っているということですが、これは本当なのでしょうか。デリケートゾーンの悩みは多くの女性の悩みだと思いますが、デリケートゾーンの乾燥対策にワリセンが本当に効果があるのかどうか気になりませんか。

そこで乾燥ケア対策にお勧めとされているワリセンですが、デリケートゾーンの乾燥にも有効なのかどうか徹底調査をしてみました。

ワリセンとは?

ワリセンとはどのようなものなのか、実は使った事はない人もいると思いますので簡単に紹介していきます。

ワリセンは石油製品の副産物であるペトロラタムゼリーを精製して作られたもので肌に塗る事で薄い油生の保護膜となり皮膚の表面をガードしてくれる効果があります。要は逆の言い方をすると皮膚には浸透せず表面だけのガードをするような感じとなります。

この保護膜のお陰で皮膚の角質層から水分が逃げていくのを防いでくれて空気の乾燥などから起きてしまうかゆみやこな吹きを抑えてくれる役割がワリセンにはあるのです。

ワリセンの特徴としては他の物質と結合しにくい成分なので水に強く酸化するスピードも非常に遅いと言えるのです。そのため使用期限が非常に長いという利点もあるのです。

そして、ワリセンには基本的には副作用が出にくいと言われています。ただし、塗りすぎると不快な症状が現れることもあるのでくれぐれも分量は気をつけるようにして下さい。

乾燥肌は治る?

デリケートゾーンにワリセンを使っている人で実は乾燥肌が治るどころか悪化してしまうと言うことがちらほらと聞こえてきます。実はこれには訳があってこの点を理解しておかないと塗っても塗っても回復しないということになってしまうのです。

その理由は、よく言われるのがワリセンが石油由来だからということなのですが、これ実は全然関係ありません。

ワリセンが乾燥肌に対して効果が無く益々乾燥肌となってしまう要因は成分の分子が大きいことにあるのです。その理由はワリセンが肌を治す物では無く、肌を保護するものだからなのです。そして、その分子の大きさから肌に浸透しないのです。

よって、むき出しになってしまっている肌を保護するために使うのがワリセンで、ある程度それによって角質が出来てきたら使うことをやめた方が良いと言うことです。

使い続けた場合には、そもそも水分が不足している肌に対して蓋をしてしまっているような状態となってしまうのでより悪化してしまうことになるのです。

デリケートゾーンへの効果は?

そこで気になるのはワリセンをデリケートゾーンに使うのは効果があるのかどうかと言うことです。

ワリセンは先程も記載した通り肌内部に浸透する訳ではないので乾燥している肌に対しては逆効果となってしまいます。

そして、ワリセンにはデリケートゾーンの悩みの一つである黒ずみやかゆみに対する美白成分や殺菌効果なども含まれていません。

このようなことからデリケートゾーンにはワリセンを塗っても効果は薄く、場合によっては余計乾燥してしまい症状が悪くなってしまうケースも考えられるのです。

そこで、デリケートゾーンにお勧めなのは、美白効果の高いトラネキサム酸やくすみケアの高いグリチルリチン酸K2が配合されているイビサクリームなどがいいと思いますよ。ぜひ気になる方は試してみてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ