デリケートゾーンのこすれはかゆみの原因!

デリケートゾーンのこすれはどのようなトラブルにつながるのでしょうか?デリケートゾーンのこすれについてお調べしました。デリケートゾーンのこすれについて悩んでいる方は是非ご参考にしてください。

デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンのかゆみには原因が2つあります。

まず1つ目は、汗によってムレたり、下着によってデリケートゾーンがこすれたり、乾燥によってダメージをうけたりと肌に対して刺激になった場合です。

デリケートゾーンというのは1日中下着を着用していますので、体の中がとてもムレやすく、汗をかきやすい部分です。

通気性が悪い下着を着用していたり、生理用品を身につけていると、通気性が悪いので、雑菌が繁殖しやすくなります。

デリケートゾーンは皮膚が薄くて保湿力が低いので、乾燥しやすく、その状態が続くとお肌が敏感になって、雑菌が繁殖しやすくなりかゆみを感じるようになります。

かゆみの原因の2つ目は感染症の病気によるかゆみです。我慢できない強いかゆみがあったり、ひりひりするような炎症がある場合には病気の可能性もありますので早めに病院に受診しましょう。

デリケートゾーンのかゆみが起こりやすい時期

デリケートゾーンのかゆみが起こりやすい時期をご紹介しましょう。体の免疫力が落ちるとかゆみやかぶれが起こりやすくなります。

ストレスや疲労などによって免疫力が低下するとかゆみが起こりやすくなりますのでご注意ください。

更年期、妊娠中、生理中などもホルモンバランスが乱れますので、敏感になりやすい時期です。免疫力が落ちていると体に不調が起こりやすいので、適度に運動をして、睡眠をたっぷりととり、バランスの良い食事を心がけましょう。

デリケートゾーンのかゆみを予防するためには、生理中は生理用品をこまめに変えて清潔を保ちましょう。

デリケートゾーンの皮膚はとても薄くて乾燥しやすいので、石鹸でごしごし洗わないようにして、こすれの原因にならないようにしましょう。

洗いすぎるとこすれの原因となり、かゆみや炎症の原因になりますので、優しく洗うようにしましょう。万が一、赤みやかぶれが出てしまったら、放置しないで、病院受診をしたり、市販で販売されている薬を塗ってケアするようにしましょう。

デリケートゾーンのかぶれやかゆみを予防するためには下着の素材も大切です。下着の素材を選ぶ際には通気性がよくて、肌触りが良い綿の素材やシルクといった天然の素材がおすすめです。

古くなった下着をつけていたり、おりものなどで汚れた下着を着用しているとお肌に刺激を与えてしまい、かぶれやかゆみの原因となります。

下着はいつも清潔にして、肌触りの良い素材のものを選びましょう。デリケートゾーンのこすれをなるべくなくすように努力しましょう。

下着はあまり締め付けないようなものを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ