デリケートゾーンのケアには化粧水がいい?

デリケートゾーンは特に乾燥肌や敏感肌の人は乾燥しがちです。また、ホルモンの関係でもデリケートゾーンの悩みを抱える人が多いです。デリケートゾーンの乾燥には化粧水がいいというのは本当でしょうか?デリケートゾーンに化粧水が効果的なのかを調べてみました。デリケートゾーンの保湿に化粧水を使おうと思っている方はご参考にしてください。

デリケートゾーンの保湿

デリケートゾーンが乾燥すると、肌荒れやかゆみの原因になります。黒ずみやにおいの原因にもなりますのでデリケートゾーンの保湿はとても大切です。

デリケートゾーンが乾燥しやすい理由をご紹介しましょう。まず、デリケートゾーンの肌質です。デリケートゾーンの皮膚というのはまぶたよりも薄く、水分を抱え込むことができませんので、保湿力がとても低いです。

また、生まれつき乾燥しやすい人はデリケートゾーンも乾燥しやすい方が多いです。生活習慣が乱れたり、食生活が乱れると、肌が乾燥して、敏感になってしまいます。

肌のバリア機能の低下によって感染症のリスクが高まりますのでデリケートゾーンをお手入れする際には気を付けましょう。

デリケートゾーンは下着に覆われているのでこすれなどによってかさつきの原因になります。下着に使用されている化学繊維や生理用のナプキンやライナーといった素材はデリケートゾーンの刺激になってしまいますので、かゆみや乾燥の原因になります。

デリケートゾーンは皮膚が薄いので間違った洗い方をするとかゆみや赤みといった肌トラブルの原因になります。

加齢や更年期によるホルモンバランスの乱れによって女性の美しさであるお肌のみずみずしさやハリが失われてしまいます。更年期以降の女性の多くがデリケートゾーンの潤いが不足して、お肌の乾燥を実感しています。

免疫力が低下するとお肌の弱酸性が保たれなくなり、雑菌が増殖し、肌のバリア機能が低下します。乾燥によってかゆみやにおいや黒ずみ、湿疹などの肌トラブルの原因になります。

 

デリケートゾーンの保湿方法

デリケートゾーンが乾燥しないようにするための保湿方法をご紹介しましょう。

洗顔後にはすぐにお肌を保湿しているけれども、デリケートゾーンの保湿をしている人というのはほとんどいませんよね?実はデリケートゾーンの保湿はとても大切です。

入浴後にきれいに洗った膣周りを真っ先にケアしましょう。膣周りというのは最も乾燥しやすいところなので、入浴後は一番にケアされるのがおすすめです。

デリケートゾーン専用の保湿アイテムでケアしましょう。ナチュラスタイプの保湿ローションがおすすめで、オーガニックのものがおすすめです。

入浴後にバスタオルで体を拭く前に、膣周辺にデリケートゾーン専用の化粧水をつけましょう。膣周辺の水滴は手でさっと払い、まだ水分が残っている状態で化粧水をつけましょう。

水分とクリームの成分が混ざることで乳化され、乾燥を防止することができます。毎日このように保湿をすると乾燥を防ぐことができて、改善されます。

デリケートゾーンのケア商品でおすすめなのは「イビサクリーム」です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ