デリケートゾーンのカサカサが気になる?【これが決め手!】

デリケートゾーンの悩みはなかなか人に相談しにくいものですよね。気がつけばデリケートゾーンがカサカサと言うことは無いですか。デリケートゾーンの悩みの上位にこのカサカサというのが多いようです。

そこで、今回はデリケートゾーンがカサカサするというお悩みについてどのように防げばいいのか解説していきますので参考にして下さいね。

カサカサの正体は?

デリケートゾーンが気が付けばカサカサになってしまうのは肌が乾燥している証拠です。それではなぜデリケートゾーンが乾燥してしまうのでしょうか。デリケートゾーンがカサカサに乾燥してしまう原因としては次のよう理由が考えられます。

よく言われるものでは下着による擦れが考えられます。下着によって常に肌の水分が奪われ、そして、もともとデリケートゾーンの皮膚は薄い為、保湿力が非常に弱いので乾燥しやすい部位でもあるのです。

そして、一日中下着をつけていると肌に対する刺激も強く肌に対してもダメージを与えてしまいます。その結果、乾燥したカサカサの肌になってしまうのです。

保湿が重要!

デリケートゾーンをカサカサの乾燥状態のままにしておくとどうなってしまうのかというと、いずれかゆみが出てきて放っておけなくなります。そうなると気付かないうちに掻いてしまい今度は炎症を起こしたりしていまします。

そうならない為にはデリケートゾーンのカサカサを防ぐために潤い成分を与えてあげる事が大事となるのです。その為にお勧めには潤い成分がたっぷりと配合されているクリームを塗ってあげる事が大事です。

クリームを選ぶ場合、必要な潤い成分をチェックする時に参考してもらいたいので紹介していくと、ステアロイルフィトスフィンゴシン、天然ビタミンE、乳酸ナトリウム液、ローズ水、水添大豆リン脂質、グリセリン、1、2ペンタンジオール、BGでそれらが配合されているクリームを選択するとベストです。

お勧めのお手入れは?

デリケートゾーンのカサカサはそのまま放っておくとさらに肌を守るために自らメラニンを生成するようになります。これがデリケートゾーンの黒ずみの原因なのです。

そして、加齢やストレスなどでターンオーバーが正常に機能しなくなってくるとその黒ずみは肌に沈着したままとなってしまい悩みの種となってしまうのです。

そうならない為には保湿とともに美白や肌のターンオーバーの機能を正常にもどす働き掛けをしてくれるクリームが必須です。

いま雑誌などで話題になっているのはイビサクリームというものでメラニンなどのくすみに攻めのアプローチをしてくれるトラネキサム酸やダメージを受けた肌に守りのアプローチをしてくれるグリチルリチン酸2Kが含まれている優れものなのです。

そして、イビサクリームは先程紹介した肌に潤いを与えてくれる成分もたっぷりと含まれています。さらに美白サポート成分と言われる美容成分も肌に浸透しやすいようにする為にナノカプセル化されて配合されているのです。

イビサクリームならメラニンから肌を守り、美白導いてくれる働きがあるのでカサカサ肌で悩んだら試してみて下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ