デリケートゾーンの保湿方法は?毎日しっかりケア!

デリケートゾーンは、思っているより敏感で乾燥してしまうと少しの刺激でも過敏に反応していまい、黒ずみや肌荒れのトラブルを起こしがちです。そこで必要なお手入れが保湿ケアとなります。

ところでデリケートゾーンの保湿の方法は知っていますか。デリケートゾーンは気をつけてお手入れをしないとならないので正しい保湿の方法についてチェックしてみましよう。

保湿が必要な理由は?

デリケートゾーンは保湿が必要なのですが、そもそもなぜそのように状態になってしまうのか知っていますか。デリケートゾーンの皮膚のメカニズムを知ることで正しい保湿がどのようなことなのか理解できるはずです

デリケートゾーンが刺激に弱い理由の一つは角質層がとても薄いからということが言われています。角質層が薄いとどのようなことが皮膚に起きるかと言うと水分が不足しがちとなり潤いや弾力が失われてしまうのです。

そのような状態に皮膚がなってしまうと下着があたったり、トイレットペーパーで陰部を拭いただけでも刺激を和らげてくれるクッションが無いので過敏に反応してしまうのです。

これがデリケートゾーンを保湿しなければならない大きなポイントなのです。

毎日丁寧に!

デリケートゾーンの皮膚は常に保湿ケアをしてあげないと後悔することになってしまう事は理解頂けたと思いますが、正しい保湿ケアとはどのような事なのでしょうか。

デリケートゾーンの保湿ケアのお手入れについて、まず重要なのは毎日行うと言うことです。そして、その一番最初に行う事は何と言っても陰部を含めデリケートゾーン全体を綺麗に洗い清潔にすると言うことです。

その後にデリケートゾーン用の保湿クリームなどをパール大を手ですくい丁寧に広げていき、お尻の割れ目あたりまでしっかりと塗り込むようにして下さい。

これを毎日行うことで皮膚がしっかりとしてきて黒ずみやかゆみなどが解消されるはずですよ。ちなみに保湿ケアで水分の多い化粧水などを使うと返って蒸れやすくなってしまうので気をつけて下さいね。

メラニンを発生させないために?

デリケートゾーンの保湿ケアと同時に大切なのが黒ずみの原因となるメラニンの発生を防ぐことです。これをほっておくといくらケアをしても美しいデリケートゾーンは作れません。

メラニンを発生させてしまう、ついついやってしまう習慣を紹介しておきますので日頃注意するようにして下さいね。

一つ目はお手入れする時に刺激を与えないと言うことです。カミソリでの毛抜きやゴシゴシと洗うのはNGです。

二つ目はサロンやクリニックでのフラッシュ脱毛です。やる場合にはその後のケアもしっかりとしてあげて下さいね。

三つ目としては、下着による締め付け、トイレットペーパーやナプキンなどによる摩擦やかぶれも要注意です。

四つ目は不規則な生活による肌サイクルの乱れです。酷いとブツブツの原因にもなってしまいます。

このように日々気付かずうちに肌にはダメージを与えてしまいます。その上でデリケートゾーンにくすみを解消しながら肌ダメージを整えていく両方に有効な成分が含まれているクリームを使うことが必要なのです。

お勧めとしては、トラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kがダブルで配合されているイサビクリームが塗るだけで簡単なのでいいかも知れませんよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ