デリケートゾーンの洗いすぎはNG!

デリケートゾーンが不調だとついつい洗いすぎてしまうことも多いですよね。デリケートゾーンの洗いすぎというのは実はとても危険です。デリケートゾーンの洗いすぎは何故危険なのかをご紹介しましょう。

デリケートゾーンの悩み

デリケートゾーンで色々と悩んでいる方も多いですよね。デリケートゾーンの悩みには、においや黒ずみ、かゆみやかぶれ、ムレなどがあります。デリケートゾーンの悩みとその原因をご紹介しましょう。

まず、おりもののにおいが気になるという悩みです。おりものから生臭いにおいがする場合は、膣内の常在菌の働きが弱まっている可能性がありますので、健康的な生活を心がけましょう。

においを気にして膣内部まで石鹸で洗いすぎたりすると、膣内の常在菌が洗い流されてしまいにおいが余計に強くなってしまいますので注意しましょう。デリケートゾーン専用の石鹸を使用するかさっと外陰部だけ洗いましょう。

デリケートゾーンの黒ずみが気になるという悩みの方はデリケートゾーン専用の石鹸で優しく洗い、保湿をして潤いを与えるようにしましょう。美白したい場合にはデリケートゾーン専用のケア用品を使うようにしましょう。

ムレて不快になるという悩みの方は下着やガードルといったものでしめつけている可能性があります。汗やおりものといった湿気がこもり、深いなムレになってしまいます。下着はなるべく通気性が良くてしめつけないものを選びましょう。

一番多い悩みが「かゆみ」です。まず、かゆみの原因としては生理用のナプキンがあります。ナプキンはお肌の水分まで吸い取ってしまい、肌にはりつくのでかゆくなる場合が多いです。

かゆみの原因はおりものがあります。おりものが下着についた状態で長時間放置しておくと雑菌が繁殖し、かぶれる場合があります。

デリケートゾーンの抵抗力が低下するとかゆみの原因になります。ちょっとした疲れやストレスによってバリア機能が弱まってデリケートゾーンが乾燥するとかゆみの原因になります。

かゆみの原因として、こすりすぎや洗いすぎがあります。外陰部というのは皮膚がとても薄いので、ゴシゴシトこすったり、洗いすぎたりすると赤くただれてしまう場合がありますのでご注意ください。

デリケートゾーンの誤った洗い方

デリケートゾーンの誤った洗い方をご紹介しましょう。

まず、石鹸でゴシゴシ洗うのはNGです。つい石鹸でごしごしと洗ってしまいたいところですが、デリケートゾーンを石鹸でゴシゴシと洗うのはやめましょう。石鹸でゴシゴシと洗うとかえって雑菌が繁殖してしまいます。

また、摩擦によってお肌が傷つく可能性もありますのでご注意ください。強い刺激を避けるにはデリケートゾーン専用の弱酸性ソープで洗うのがおすすめです。

デリケートゾーンのケア商品の中でもおすすめなのが「イビサクリーム」です。

スポンジやタオルで洗うのもNGです。指の腹を使って爪をたてないようにして丁寧に洗いましょう。こすりすぎないように注意しましょう。

1日に何回も洗うことも避けてください。1日1回で十分です。洗いすぎるとかえって菌がはいってしまいますのでご注意ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ