デリケートゾーンが真っ黒?【お手入れならこれ!】

デリケートゾーンが、気が付くと真っ黒になってしまうのは多くの女性の悩みの一つです。特に若い女性でデリケートゾーンが真っ黒だと彼氏ができた時にデートをした時に遊んでいると思われそうで不安になりますよね。

そこでデリケートゾーンが真っ黒になってしまったという悩みを解消してくれる方法を徹底追及してみました。

真っ黒になるのはなぜ?

デリケートゾーンが気付いたら真っ黒、これは多くの女性の共通の悩みですよね。そして、なかなか人に相談できないことの一つでもありますよね。

そこで、まずはなぜデリケートゾーンが真っ黒になってしまうのかその原因について整理していきましょう。まだ真っ黒になっていない人はこれらのことを気をつけるだけでも違ってきますのでよくチェックして下さいね。

まず、多いのがデリケートゾーンの肌に対する刺激です。その要因として多いのが下着やタイツ、ジーパンなどによる擦れ、これが一番多いようです。

そして、次に原因となっているのが、デリケートゾーンの毛の処理で逆剃りをしたり、毛抜きなど間違った処理を行ったために起こることが多いと言われています。

そして、実はお風呂に入る時にも間違いは起きていて、清潔にするためと思いタオルなどで強くこすったり、目の粗いボディタオルなどで擦ってしまうために起きてしまいます。

更に不規則な食事や睡眠によって引き起こされるターンオーバーの乱れによって黒ずみが加速してしまうのです。

これらの日頃の生活習慣を続けてしまうと気がつけばデリケートゾーンが真っ黒という状態となってしまうのです。逆に気をつけることで予防ができるということでもあるのです。

真っ黒にしないために?

デリケートゾーンが真っ黒になってしまうのから守るために意識することとはどのようなことなのでしょうか。原因がわかったのでそれぞれに対して対策をしていくことが大事です。

まずは下着や服装による刺激を防ぐために出来るだけきつくなく、できればワンサイズ大きめのものを選ぶようにして下さい。そして、素材は出来る限り綿製品を選ぶと通気性もいいのでお勧めです。

そして、次はお風呂などでデリケートゾーンを洗う場合の注意事項ですが、できる限りボディタオルなどは使わずに手で撫でるように優しく、弱く、丁寧に洗ってあげるようにして下さい。間違ってもボディタオルでゴシゴシ洗っては駄目ですよ。

そして洗い流す時にもデリケートゾーンの皮膚は薄いので熱湯はNGです。熱湯で洗うとダメージは大きくやけどや赤みのリスクも高まってしまいます。お勧めなのでは人肌くらいのぬるま湯で洗い流すようにする事と心がけてください。

有効なケアは?

デリケートゾーンの黒ずみは意識して予防をしていてもやはり少しずつ進行してしまいます。真っ黒になりたくなかったらやはりケアが必要です。

ケアのために重要なことは乾燥から守ってあげる事なのです。そして美白効果のある成分が含まれているクリームを使うことをお勧めします。

真っ黒に見えてしまうくすみの原因はメラニンなのです。デリケートゾーンのお手入れで重要なのは、このメラニンを抑えて肌を整えていってあげることなのです。

そのためのお勧めの有効成分はくすみに対してはトラネキサム酸、そして、ダメージを受けた肌に対して守りのアプローチをしてくれるのがグリチルリチン酸2Kという成分なのです。

これらがしっかりと配合されているお勧めのクリームとしては、今雑誌などでも大好評のイサビクリームなどが有名なので試してみて下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ