黒ずみが気になるけど皮膚科に行った方がいい?値段は?

黒ずみを発見してしまった!その時の衝撃ってかなり大きいですよね。
しかもそれがデリケートゾーンだったら…。
お母さんや友達には相談しにくいけど、1日でも早く治したい!って思いで
皮膚科を検討する人も多いと思います。

でも、皮膚科に行ったらどんな治療が行われるか不安ですよね。
お金もどのくらいかかるんだろう…ってたくさん疑問があると思います。

また、皮膚科に行かなくても大丈夫そうなら、他の選択肢も知りたくないですか?

ここでは、デリケートゾーンの黒ずみで皮膚科に行った時の
一般的な施術と料金について、
そして皮膚科以外に考えられるおすすめの製品について一緒に見ていきましょう。

○皮膚科に黒ずみ対策で行った時にどんな治療になる?値段は?

皮膚科でデリケートゾーンの黒ずみ対策をする場合、一般的には
①薬での治療 ②レーザーでの治療 の2種類が考えられます。

まずは薬での治療ですが、よく処方されているのは
ハイドロキノンという成分のようです。
これはビタミンCの約100倍の美白効果とも言われますから
期待が高まりますね!
ただ、保険の対象になっていませんから1本あたり5,000円前後~と
かなり高額になってしまいます。

また、ハイドロキノンには2%、5%のように濃度がさまざまあるのですが
デリケートゾーンに処方する場合には、濃度が高いと強すぎる恐れがあるようで
かなり低い濃度が出されることが多いようです。
そうなると、市販薬とあまり効果は変わらないという話もあります。

次にレーザーによる治療ですが、これには2種類あって
より一般的なレーザートーニング、それからインティマレーザーという方法があります。
レーザートーニングは皆さんが「レーザー治療」と聞いてイメージするものに
近いと思います。黒ずみの原因にレーザーを照射する方法ですね。

これも保険はききませんので、高額になる傾向があります。
複数回購入すると安くなったりもするところがあるようですが
毎回10,000円程度の出費になることも…。

インティマレーザーは、イメージとしては黒ずみにもっと直接アプローチする感じです。
複数回通わなければならないレーザートーニングと違って、1回から数回程度で
済むことが多いようですが、値段が100,000円以上とかなり高額です。

○皮膚科以外にはどんな黒ずみ対策ができる?

皮膚科の方法はどれもよさそうですが、やっぱり保険がきかない分
高額にあることが多いようですね。
また、いくら先生とはいえ、自分のデリケートゾーンを人に見せるのに
抵抗がある人も多いと思います。

その点を考慮すると、通販で買える製品というのはどうでしょうか?

通販だと誰にも合わずに購入ができますし
キャンペーンなどをうまく利用すれば大幅な割引も可能です。

例えば、スキンケア大学などでも紹介されたことのあるイビサクリームという
デリケートゾーンの黒ずみ対策クリームなのですが
これは集中ケアコースというのに申し込むと、なんと定価の30%オフで
購入ができてしまうんです。

また、美白成分もHAKUなどに配合されているトラキネサム酸が使用されており
満足度も96.7%と非常に高いです。

皮膚科に行くことのメリットもたくさんありますし、イビサクリームを通販することの
メリットもたくさんあります。ぜひ一度イビサクリームの公式ページをチェックしてみて
みなさんのライフスタイルに合ったほうを選んでみてください!
⇒皮膚科じゃなくて通販という方法も!詳細はこちらのページから。
イビサクリームの黒ずみ、皮膚に関する記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ