黒ずみがデリケートゾーンに!市販の商品でケアしても大丈夫?

デリケートゾーンのケアをしていたら黒ずみを発見してしまった!
今度カレシと温泉お泊りなのにどうしよう…。

そんな悩みを抱えている女性が最近増えているようですね。
以前は特別なことだったデリケートゾーンのケアですが
海外のセレブの影響もあって、日本人女性の中でもだいぶ浸透し
そして残念ながら黒ずみを発見してしまう人が多いようです。

でも、まだまだ新しいデリケートゾーンケアの分野。
インターネットの情報もまだまだです。
かといって人に気軽に聞けるような話題でもないですよね。

ここでは、黒ずんでしまったデリケートゾーンのケアは市販の商品でも
大丈夫なのか、やっぱり皮膚科に行ったほうがいいのかを
メリット・デメリットを中心に比較してみたいと思います。

最後にはそのメリット・デメリットを踏まえた上で
おススメの商品をご紹介しますよ。

○黒ずんじゃったデリケートゾーンのケア。市販の商品?皮膚科?

まずは皮膚科に通うことのメリット・デメリットを見ていきましょう。

メリットとして一番にあがるのは「安心感」ではないでしょうか。
やっぱりプロに見てもらえるわけですから、一番いい方法を
選んでもらえそうですよね。
しかも、もし万が一トラブルがあってもすぐに対処してくれそうです。

デメリットとしては、まずは高額になりがちなことだと思います。
基本的に黒ずみ対策というのは保険対象外になります。
ですから、1回の通院でも10,000円ほどかかってしまうことも…。
レーザー治療も魅力的ですが、これも安いプランを探しても
数千円~数万円、高いものだともっとします。
そしてレーザー治療は何度も通わなければなりませんから合計すると…。

もう1つあげられるデメリットですが、いくらプロの先生とはいえ
デリケートなところを人に見られるのに抵抗があるという人も
いると思います。
自慢できる状態ならともかく、黒ずんでいるのを見てもらうのは
やっぱり恥ずかしいですよね。

では、市販薬のメリット・デメリットはどうでしょうか?

まずは値段の安さがメリットとしてあげられると思います。
キャンペーンなんかをうまく利用して買うと更に安くなりますね。
また、あえて店頭には置かず、通販だけにしているところは
その分のコストが抑えられていますので、さらに安い傾向にあるようです。

次に誰にも知られずに購入できるというのがありますね。
これは恥ずかしがりの人にはとっても大きなメリットだと思います!
お店で買う場合には、レジを通る時がちょっと恥ずかしいかもしれませんが
デリケートゾーンを見せることに比べたら大丈夫ですよね。

レジもちょっと…という人は、通販するという方法もありますよ。
商品によっては、中身が何か全く分からないような包装で送ってくれるので
宅配業者の人にも中身がばれません。

市販薬でケアするデメリットとは、お医者さんに見てもらえないので
どうしても自己判断に頼ることになるということですね。
気になることはインターネットで検索できる時代ですが
はやり細かいことまでは無理ですし。

もし万が一、肌にトラブルが起きてしまった場合は…と考えると
ちょっと不安にはなるかもしれません。

商品によっては、完全無添加、無刺激物というものや
万が一トラブルがあった場合には、返金制度があってお金を返してもらえるという
システムがあるものもあります。
気になる人はそういう商品を選ぶのもいいですね。

○黒ずみに効果あり!?デリケートゾーンのケア商品は?

皮膚科のメリット・デメリット等を抑えたうえで
おススメしたいのがイビサクリームという製品です。

これは薬局などには置いてなくて、通販限定の商品となります。
でも、日本国内で作られていますし、出来るだけ体にやさしくしようと
「5つの無添加」と題して、①合成、香料②着色料③鉱物油④アルコール
⑤パラベン が使われていません。
なんと赤ちゃんにも使えるくらいやさしいそうですよ。

また、その発送方法ですが、送られてくる箱には中身が分かるような
記載は一切ありません。ですから、玄関で受け取るときも、
家族の人が受け取ってしまっても安心です!

公式ページにある「集中ケアコース」に申し込むと、
なんと定価の30%オフになりますので
ぜひ一度公式ページをチェックしてみてくださいね。

⇒デリケートゾーンの黒ずみ対策は通販のこの製品!詳細はこちらから。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ