デリケートゾーンのケアは市販の製品でいい?他には?

「デリケートゾーンに黒ずみを発見してしまった!」
今、こんな悩みを抱えている女性が多いようです。
欧米では当たり前だったデリケートゾーンのケアが日本でも
だいぶ一般的になったのにつれ、黒ずみを発見してしまう人が
増えているようですね。

また、働く女性が増え、生活習慣が乱れがちな人が多いのも原因かもしれません。

デリケートゾーンのケアというと皮膚科に行くのも一つの方法ですが
忙しいからそんな時間はとれない!という人もいると思いますし
恥ずかしいから行きたくないという人も多いと思います。

そこで、ここでは人にバレずに買えるという利点のある
市販の製品の選び方についてみていきたいと思います。
最後にはおススメの商品もご紹介しますよ!

○デリケートゾーンのケア製品を選ぶ時のポイント

デリケートゾーンという体の中でも一番敏感な部分に使うものですから
やっぱり気になるのはその安全性ですよね。
美白製品って世の中にた~くさんありますが、乳首にはOKでも
同じ製品をデリケートゾーンに使うのってちょっと抵抗がありませんか?
私はやっぱり「デリケートゾーン専用」ってなっている製品が
一番だと思います。

また、着色料や保存料などの余計なものは入っていないものが嬉しいですし
アルコールなどの刺激物もちょっと気になりますね。

さらに、これは難しいかもしれませんが日本国内で生産されているものだと
安心度がさらにぐ~んとあがりますね!

安全度の次に気になるのは、やはり美白成分ではないでしょうか?
いくら安全な製品でも、美白できなかったら意味がありませんからね。

美白成分として今一般的に知られているのは
ビタミンC、トラキネサム酸、ハイドロキノンだと思います。
そして、その成分の強さは
【弱】ビタミンC → トラキネサム酸 → ハイドロキノン【強】
というのがよく言われている順番です。

では、一番強いハイドロキノンを使えばいいのかというと
そこはデリケートゾーンですから気を付けなければなりません。
皮膚科でも一般的にはかなり弱いハイドロキノンが処方されることが
多いようですから、お医者さんに見てもらわない状態で使うのであれば
ちょうど真ん中のトラキネサム酸あたりがよさそうですね。

ちなみにこのトラキネサム酸、あのHAKUにも使われている成分なんですよ。

最後にチェックしたいポイントですが、継続のしやすさです。

黒ずみ対策でみんなが見逃しがちなのが「効果が出るまでの期間」です。
これはお肌のターンオーバーに関連します。
イメージとしては、美白成分で黒ずみを壊したあと、
それを体外へと排出するのがこのターンオーバーといった感じです。

でも、このターンオーバーですが、約28日に1回しか起こりません。
ですから、いくら「すぐに効果をだしたい!」と思っても
このターンオーバーを待つしかないのです。
ターンオーバーを繰り返すたびに段々と白くなっていくというのが
理想のステップなんです。

黒ずみ対策には時間がかかるというのは、この28日周期というのも
1つも原因なんですね。

ということは、黒ずみ対策製品を選ぶときには数か月続けられるかどうかを
前提に選ぶ必要があります。値段もそうですが、手に入りやすいかもポイントですね。

○デリケートゾーンのケアにGOODな市販の製品は?

では、そんなデリケートゾーンのケア製品があるのかというと
実はあるんです!それは「イビサクリーム」といいます。

これは薬局などには置いてなくて、基本的には公式ページからの通販となります。
配合されている美白成分はもちろんトラキネサム酸です。

また、無添加&刺激物ナシですから、赤ちゃんにも使えるくらいやさしいんです。
そして、公式ページから「集中ケアコース」というのに申し込むと
商品の値段が30%オフになるうえに、送料無料で自宅まで
郵送してくれるというとっても継続しやすいシステムになっています。

これを読んでちょっとでも気になった方はぜひ公式ページを
チェックしてみてください!
商品の情報のほか、黒ずみのできてしまう仕組みや
使った人の口コミ等、本当に情報盛りだくさんのページですよ!
⇒デリケートゾーンのケアはこれで決まり!詳細はこちらから。
イビサクリームのデリケート、市販に関する記事です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ